読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ!知っとーと?

ちょっと見て行かんね?

沖縄の海開き2016年はいつからいつまで?期間とベストシーズンを紹介



スポンサーリンク

今朝、私の地元では今シーズン初めて雪がうっすらと積もりました。

暖冬と言われなかなか本格的な寒さにならない今シーズンでしたが、

ようやく本格的に”冬”が到来したのでしょうか。

 

寒いのは苦手ですが、せっかく四季のある日本に生まれ育ったので、

寒いのも楽しみたいものです。

 

しかし、この寒さも乗り越えればまた暖かい季節が訪れます。

 

暖かくなると色々なレジャーにも出かけたくなりますよね。

今回は想像するだけで温まりそうな沖縄の海についてまとめました。

 日本一早い海開きはいつから?

沖縄に住んでいる方にしてみれば、当たり前のことなのかもしれませんが、

本島に住む私達にしてみれば、沖縄の海開きって異常な早さですよね。

 

ニュースで沖縄の海開きを目にするたびに驚かされます。

各ビーチによって海開きの日にちは異なりますので、

2016年の海開きの詳細はこちらよりご確認ください。

 

ほとんどのビーチが3月下旬から4月下旬には海開きがされます。

一番早いところで石垣島の底地ビーチが3月中旬に海開きされます。

 

3月中旬となると、あと2ヶ月ほどです。

今から旅の計画をのんびり立てて沖縄に旅行に行くにはちょうどいい期間ですね。

 

スポンサードリンク

 

沖縄の海、ココに注意!

 

気温・水温はやっぱりまだ春

海開きしたといっても、沖縄本島の3月下旬の平均気温は18.9度。4月になると、最高気温24度を超える日も多くなりますが、水温は21~22度前後。7・8月の水温は27~28度まで上昇するので、真夏に比べたらまだまだ肌寒く感じるかもしれません。泳いだ後は体も冷えます。薄手のジャケットは忘れずに。

春の紫外線もあなどれません!

通年日焼け対策が必要な沖縄ですが、春の紫外線は関東地方に比べて約1.3倍、北海道の約2倍。県外の夏同様の対策が必要です。帽子やサングラス、日焼け止めはもちろんのこと、Tシャツやラッシュガードを着用しての入水がおすすめです。小さな子どもがいるなら、サンシェードなどで日よけを作って、こまめに休憩させてあげましょう。

水分補給を忘れずに

屋外では自分が思ってる以上に水分を消費しています。熱中症は大量の汗で体の水分や塩分が失われ、体温調節がうまくできなくなって起こります。3月といっても真夏日もありますで、適度な水分補給と風通しのいい日陰での休息も忘れずに。特に子どもは体温調節機能が未熟です。体に異変を感じたら、すぐに適切な処置を。

http://www.okinawastory.jp/oki_event/events/umibiraki.html 

 私は、6月上旬に沖縄を訪れたことがあるのですが、

ちょうど梅雨明けをしたばかりの時期で太陽もジリジリと焼けるような暑さでした。

しかし、天気が悪く曇りの日は6月の沖縄と言えど、少し肌寒かった記憶があります。

 

海開きをしたばかりはやはりまだ肌寒さもあるでしょうし、

行く時の天気や気温に注意してレジャーを楽しんでくださいね。

海水浴シーズンベストはいつ? 

沖縄の海水浴シーズンは10月中旬頃までとされています。

3月中旬から10月中旬までということは、約7ヶ月…

一年の半分以上も海水浴が楽しめるのですね。

 

しかし、せっかく沖縄まで足を運ぶなら、ベストシーズンに行きたいですよね。

沖縄のベストシーズンは梅雨が明け直後の6月後半と台風が落ち着いてくる9月後半から10月中旬です。

 

9月、10月は台風の影響もあり、旅行代金も比較的安くなるので台風を避けれれば格安の旅行で楽しめると思います。

最後に

沖縄は本当に素敵なところですよね。

ちなみに私個人的には沖縄本島と橋で繋がった小さな”古宇利島”がおすすめです。

私の友人が古宇利島出身で、友人に会いに古宇利島まで行ったことがあるのですが、

透き通った海も、高台から見る景色も本当に絶景でした。

連続昼ドラマの『碧の海』の舞台にもなったところですよ。

沖縄に行った際は足を運んでみてください。