読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ!知っとーと?

ちょっと見て行かんね?

ジェットスターCMで「ダイホク」と間違う子役”マメ谷”は誰なのか



スポンサーリンク

ジェットスターグループが、香港に続き海外就航地2都市目となる

台北(桃園)と日本の三大都市圏である東京(成田)・大阪(関西)・名古屋(中部)を

結ぶ3路線の販売開始の告知を目的に、新CMを開始しました。

 

11月2日の月曜日より関東・関西・中部地域と順次放映しています。

台北に行きたい方や飛行機が好きな方は、CMを一度チェックしてみてください。

 

今回の新CM”キリ谷”と”マメ谷”シリーズは、

【サイテー編】と【ダイホク編】があります。

どちらもタイトルを見るだけでは、どんな内容なのか読めないですね。

それぞれどんな内容なのか見てみましょう!

サイテー編

まずは、”サイテー編”です。

サイテーと聞くと【サイテー(最低)=ジェットスター】と思うかもしれません。

私は最初そう思ってしまいました。笑

安心してください!

ジェットスター=最低ではありませんので!

 

では、なぜ【サイテー編】なのか説明します。

 

どこよりもおトクな低運賃で快適な空の旅を提供するジェットスター

最低価格保証サービスを、”キリ谷”と”マメ谷”が「サイテー」と言うキーワードを

多用しながら表現したからなのです。

つまり【サイテー(最低)=価格】だったというわけです。

 

ダイホク編

次に、”ダイホク編”です。

ダイホクと聞いて何を思い浮かべますか?

私は何も思い浮かびませんでした。笑

 

では、なぜ【ダイホク編】なのか説明します。

 

桐谷美玲さんが演じている”キリ谷”。この”キリ谷”に憧れ背伸びをする

おしゃまな女の子”マメ谷”が興奮のあまり思わず台北をダイホクと

読み間違えたのです。笑

 

この読み間違えた子役が誰なのか気になりませんか?

桐谷美玲に対抗心を燃やす子役は一体誰?

キリ谷に対抗心を燃やすのは、全く同じ衣装を身にまとっているマメ谷。

その”マメ谷”役をしているのは、篠川桃音ちゃんです!

まとめ

新CMは、キリ谷に対抗意識を燃やすマメ谷のおませで可愛い言動と、

一見ツンとした態度を取りながらもマメ谷を優しく受け入れる桐谷美玲さんの

愛嬌たっぷりなやりとりが魅力です。

 

関連記事

篠川桃音「マメ谷」ジェットスターCMがかわいい!子役起用の理由とは - これ!知っとーと?